つくば生活日記

2022年4月に中国から帰国しました。つくば生活の日常を記録します。

鎌倉文学館のバラが見頃

長谷寺を後にして、次に向かったのは

鎌倉文学館です。

長谷寺の紫陽花の様子はこちらです⬇️


 

受付まで木々に囲まれた通路を進みます。ひんやりして気持ちがいいです。

受付で500円を払って入場します。間もなく石積みトンネンルが現れます。

しばらく歩くとリスが現れました。自然豊かな場所だと分かります。

旧前田侯爵家の別邸を鎌倉市が寄贈を受け文学館としました。国の登録有形文化財ですよ。

文学館の庭を下さったところにバラ園があります。

約200種250株のバラを鑑賞することが出来ます。

受付でバラの種類を書いたパンフレットが貰えます。

各バラの根元にも名前が書いてあります。とても良い香りが漂ってます。

写真撮影されてる方も多くいらっしゃいました。紫陽花もいいけど、バラもいいですね。

バラ園をパノラマで撮影してみました。

今回は文学館の内部は見学しませんでしたが、

次回はぜひ見学したいです。

実は、鎌倉文学館は来年2023年4月から2025年3月

までの2年間、大規模改修のため休館する予定です。

内部を見学したい方はお早めに。

バラ園前の芝生では、親子連れがお弁当を食べてたり、

ベンチで読書を楽しむ方もいました。

自然のバラの香りがとても印象に残る、自然に囲まれた

素敵な場所でした。

そろそろ12時です。江ノ電に乗って昼ご飯を食べに行きます。

江ノ電の旅に続きます。

 

⬇️ブログランキング参加中。ワンクリックをお願いします。


つくば市ランキング