つくば生活日記

2022年4月に中国から帰国しました。つくば生活の日常を記録します。

東国三社巡り完遂「息栖神社」

以前、三大神宮の鹿島神宮香取神社を訪れました。

 

この話をある方にしたところ、この2つの神社を

含めて「東国三社」があると聞きました。

東国三社の残る一つが「息栖神社」です。

息栖神社は茨城県神栖市にあります。つくばからは車で1時間程です。

こちらが東国三社の位置関係。三角形を成すのが分かります。不思議ですね...。

−−−

三社はいずれも関東地方東部の利根川下流域に鎮座する

神社である。古代、この付近には「香取海(かとりのうみ)」

という内海が広がっていた。これら三社の鎮座位置はその

入り口にあたり、うち鹿島社・香取社は大和朝廷の東国開拓の

拠点として機能したと推測される。

また、三社はいずれも『古事記』『日本書紀』における

葦原中国平定に関する神を祀っている。

うち息栖社主祭神・岐神は、記紀に記載はないが東国に

導いたと伝えられる神であり、同社では天鳥船神を配祀する。

Wikipediaより引用

−−−

 

鹿島神社香取神社と比較するとてもコンパクトな神社です。

境内は静かで不思議な空気が流れてます。パワースポットなのでしょうね。
左が1円硬貨に描かれてるオガタマノキ(招霊木)、右は巨大な御神木、立派です!

七五三参りの家族が仲良く参拝してました。私も参拝しましょう🙏

境内の入口に大きな駐車場があるのでとても便利です。

小さい神社ですが、とても太い御神木を見ると

歴史を感じます。地域で広く信仰されてる神社を感じます。

鹿島神社香取神社、息栖神社は半日あれば巡ることが可能です。

パワースポットの東国三社を参拝して運気Upしませんか?

 

⬇️ブログランキング参加中。ワンクリックをお願いします。


つくば市ランキング

日本初公開のピカソが35点

24日の続きです。

浅草で天丼を食べた後は上野の西洋美術館へ。

天丼の紹介はこちらです⬇️


現在開催中の「ピカソとその時代」を見に来ました。

こちらが国立西洋美術館です。初めて来ました。

今回の企画展はベルリン国立ベルクグリューン美術館の

工事に伴って、収蔵作品が海外を巡る一環です。

ドイツ生まれの美術商ハインツ・ベルクグリューンが、

1948年からパリで画廊を経営しながら自分自身のために

作品を集め、世界有数の個人コレクションを作りました。

この作品がベルクグリューン美術館の基になってます。

彼が最も敬愛した同時代の4人の芸術家たち、パブロ・ピカソ

パウル・クレーアンリ・マティス、アルベルト・ジャコメッティ

作品に重点が置かれています。


早速展示室に入ってみましょう。写真は一部の作品を除いて個人利用ならばOKです。

ピカソの作品が多数展示してます。作風もいろいろあって面白いですね。

絵画だけでは無く、造形物もあります。こちらは鶴の像。

こんなピカソらしい大胆な作品も楽しめます。

企画展のチケットで常設展にも入れます。モネの睡蓮も待ってますよ。

鑑賞を終えて外に出るとすっかり暗くなってました。スカイツリーが綺麗ですね。

23日、24日は美術館巡りをしましたが、

じっくり鑑賞出来て刺激になりました。

23日の岡本太郎展の紹介はこちら⬇️


岡本太郎展は12/28まで、今回紹介した

ベルクグリューン美術館展は来年の1/22まで。

今からでも鑑賞出来ますので興味のある方は

早めにどうぞ。個人的にはいずれもお勧めです。

 

⬇️ブログランキング参加中。ワンクリックをお願いします。


つくば市ランキング

浅草「葵丸進」で天丼

朝から快晴のつくばです。

飛び石休みだったので24日も休みました。

24日はまた上野の美術館に行く予定ですが、

その前に浅草でランチを食べることに。

つくばエクスプレスには浅草駅があります。

いつか浅草で下車したいと思ってたので、

念願叶いました。

 

ランチを食べに行こうとしてますが、何も調べずに

美味しそうな店を見つけたら入ろうと思います。

つくばエクスプレスの駅から、浅草寺を目指して歩きます。

店の前を通った時に、ものすごく良い香りがしたので、こちらの葵丸進に決定!

少し待って入店出来ました。1階はそれほど広く無いですが、2階もあるようです。
メニュー豊富で目移りしますね。でも店のオススメの天丼にします。

グラスビールを呑んでしばし待ちます。昼のビールは美味しいですね🍻

小海老かき揚げ天丼を注文しました。赤だしの味噌汁も付いてます。

プリップリの小海老が沢山入ってます。香ばしいかき揚げに甘辛いタレがからんで最高!

天ぷらは胸焼けするイメージありますが、

葵丸進の天ぷらはあっさりと食べれて

胸焼けも無し。甘辛のタレが染みたご飯を

一緒に食べると口の中で旨さが倍増👍

本当に美味しい天丼でした。

店先で天ぷらのみも売ってました。食べ歩きしながら浅草を歩くのも良いかも。

浅草でご飯を食べたのは初めてでしたが、

和食を中心にいろんな店が多くて驚き。

つくばからはTX一本で行けるのも便利です。

こんなに美味しい店があるなら、また来ようと

思います。ご馳走様でした!

この後、美術館に行くために地下鉄銀座線で

上野に向かいます。

 

⬇️ブログランキング参加中。ワンクリックをお願いします。


つくば市ランキング

芸術は爆発だ!岡本太郎展

勤労感謝の日、つくばは1日雨でした。

山に行くのを諦めて、上野に絵画展を

見に行くことに。

訪問したのは東京都美術館で開催中の

岡本太郎」展示会です。

 

東京展は12/28まで開催中です。

 

日時指定でチケット販売してます。当日券も少しはありますが、予約をお勧め。

有名作家の展示会には珍しく、一部を除いて写真撮影OKです📷

岡本太郎さんらしい、力強い絵画がずらっと並んでます。圧巻!

造形物も数々展示してます。ネタバレにならないように、この程度にします。

大阪万博の為に制作された太陽の塔の1/50のモデルもありますよ。

最後にはお約束のグッズ販売もあります。種類、数とも充実してます。

この他にも数多くの作品があり見応え有ります。

ゆっくり鑑賞して2時間程かかりました。

デッサンや、戦争で出兵してた時の上官の肖像がなど、

いままで見たことが無い作品ばかりで良かったです。

彼の名言「芸術は爆発だ!」の通り、見る人を

圧倒する作品の数々でした。

残り1ヶ月あるので、是非足を運んで見てください。

 

⬇️ブログランキング参加中。ワンクリックをお願いします。


つくば市ランキング

頂鱒をいただきます!

昨日の日中は暖かい1日でしたが、祝日の今日は

1日雨の予報..。せっかくの祝日なのに残念。

さて、会社帰りに晩酌でもして元気出しましょう。

今夜は研究学園駅近くの「はないち」です。

以前の紹介はこちら⬇️


開店直後でしたが、すでに数組のお客さんで賑わってます。さすが人気店👍

こちらが本日のお勧めメニュー。今夜はカキ酢からスタート🎵

宮城産のプリップリのカキ。このサイズでハーフですが一人食べるには十分。

次にお刺身を食べようかとメニューを見てると、

これに目が奪われました!

なんとか鱒...。店員さんに伺うと「いただきます」と言うブランド鱒だそうです。即注文。

こちらが頂鱒!サーモンの様な脂っぽさは無く、歯ごたえもあり旨みが口に広がります!

あとで調べたところ、日光で淡水魚の生産を手掛ける

神山水産の神山裕史(かみやまひろぶみ)さんが開発し、

2018年2月に商標登録したブランドニジマスだと判明。

この頂鱒、とっても美味しいです👍

最後はふわふわのオムレツ、そぼろのトッピングです。

ブランドニジマスには本当に感動しました。

いつ来ても満足させてくれるはないちです。

今夜も大満足でした。ご馳走様でした!

 

⬇️ブログランキング参加中。ワンクリックをお願いします。


つくば市ランキング

角打ちでおしゃれな晩酌

日曜から飛び石連休にかけて天気が悪い予想の

つくばです。山に行こうと考えてましたが、

行き先変更ですね..。

先週末は久しぶりに三浦酒店で晩酌しました。

前回の紹介はこちらです⬇️


今回は夜の角打ちで晩酌しようと立ち寄りました。

日が暮れるのが早くなりました。5時には暗くなります。ちょっと損した気分...。

三浦酒店に到着。正面のガラス越しのカウンターが角打ちエリアです。

 

お酒だけでなく、おつまみなんかも買って食べる事が出来る様です。

レジの横には美味しそうな惣菜がずらりと並んでます。ここから2つチョイス。

ショーケースのサラダやマリネも美味しそう。これは次回注文しましょう。

クラフトビール類、ワインが注文できます。ワインはその日のお勧めから選びます。

こちらの冷えたワインを買って、そのまま飲む事も出来ますよ。

グラスの白ワインを注文して、さっき買った惣菜を開けました。

スペアリブと真鯛のポアレ。電子レンジもあるので、惣菜を温めも可能ですよ👍

店内で数本のビールを買って晩酌に挑む方や、

ワインをボトルで購入して、仲間とシェアする方など。

楽しみ方はいろいろです。お惣菜も抜群に美味しいので、

お酒も自然に進みます。しかしお財布には優しい🎵

角打ちは庶民の味方ですね。

 

⬇️ブログランキング参加中。ワンクリックをお願いします。


つくば市ランキング

中国式の耳掻き発見!

中国在住の時から度々登場の耳掻きネタ。

日本に来てからも探し続けて来ましたが、

ようやく終止符が打たれるかもしれません。

「耳匠(ミミチャン)」です。

 

これまでの耳掻きネタはこちら⬇️

■中国の耳掻き屋


■日本の耳掻き屋


先日、御徒町に飲みに行った帰りに偶然発見。

看板に書いてある電話番号に速攻電話。

料金などを確認して、後日あらためて出動!

飲食店が建ち並ぶ路地の一角のビルの2階です。

不思議な雰囲気の階段を登ります。2階が受け付けです。

2階の受付は畳敷きです。日本と中国のハイブリッド空間。

入口に中国式耳掻き用の道具が飾ってあります。懐かしい道具の数々。

耳掻きだけのコース「匠心采耳」40分を選択。

3階が施術室になってます。室内は照明が落としてあって落ち着きます。

施術してくれた方は西安から来られた女性でした。

中国で受けた耳掻きと施術の流れも同じでした。

丁寧に少し深めの場所まで取ってくれるので

気持ちが良かったです。後半は寝てました😪

施術士はたぶん全員女性と思います。

なので、女性のお客様も安心して行けると思います。

全員中国から来日された方だと思いますが、受付の

方は日本語が堪能です。電話予約も安心です。

私は帰りに微信(WeChat)を交換しました。

次回から微信で予約できそうです👍

 

■店の場所はこちら

 

■予約

07038346688

 

⬇️ブログランキング参加中。ワンクリックをお願いします。


つくば市ランキング