つくば生活日記

2022年4月に中国から帰国しました。つくば生活の日常を記録します。

中国の懐かしい串焼き「常来聚」

中国から帰国して4ヶ月になりました。

時が経つのは早いものです。

中国にいる時は無性に日本のものが食べたかったのに、

日本に帰ってくると、今度は中国のものが恋しくなります。

そんな時に散歩の途中で見つけたのはこちら、

串焼きと、麻辣湯 の店「常来聚(チャンライジュ)」です。

筑波大学のそば、天久保にあります。アジア食材のスーパー海羽の2階です。

建物の外に掲げてあった、この看板にひかれました。

店は意外に広いです。全てテーブル席で、ゆったりと食事出来そうです。

春節飾りが中国の雰囲気を醸し出してます。

店に入ると「你好」と挨拶してくれます。

でも店の方は日本語が出来るので心配無く。

最初は麻辣湯?と聞かれましたが、

烧烤(シャオカオ)と言ったらメニューを

持って来ました。

烧烤はあぶったり焼いたりして作った肉食品のこと。

紙と鉛筆をくれるので、注文するものを書きます。

メニューの中には2本、または3本から注文するのが

あるのでご注意。店の方が教えてくれます。

最初に臭豆腐が来ました。それほど臭みも気になりません。

続けて羊、牛、えのき茸(金针菇)が来ました。いや〜美味そう!

どれも中国で食べたのと同じです。懐かしいですね。

中国ではこんな感じです⬇️


串焼きを食べ終わったところで、〆の麻辣湯を注文。

ベースのスープが決まっているので、具材と麺を自分で選びます。たぶん辛さも調整可。

野菜3品と、練り物2品を選んでみました。胡麻のよい香りがします。

麺は春雨をチョイス。思ったほど辛く無いです。日本人だから辛み抑えたかな...。

けっこうお腹一杯になりました。

そろそろ帰ることにします。

买单(マイダン)!

外に出るとすっかり暗くなって雨が降ってました。

久しぶりに中国の味付けの串焼きを食べました。

とても懐かしかったです。香辛料が効いていて、

夏に冷たいビールと一緒に食べると👍

きっと食べたことが無い方でも虜になるはず。

日本の焼き鳥と変わらない、リーズナブルなのも

嬉しいです。

店の方はハルビン(哈尔滨)から来日した家族でした。

とても親切なのでお薦めの店です。

私もまた近いうちに再来します!

 

⬇️ブログランキング参加中。ワンクリックをお願いします。


つくば市ランキング